ログイン

チャージバックを防ぐためにできることはありますか?

フォローする

< はじめに >

まず、チャージバック制度は、クレジットカード保有者を保護するためにつくられた制度です。

チャージバックが発生した際の責任は販売者さまに帰属します。

また、販売者さまには商品代金および手数料の負担義務が生じます。

SPIKE利用規約をご確認ください。

 

チャージバックが頻出する場合は、連携金融機関の要請により販売者さまのアカウントを停止もしくは凍結させていただくことがございます。

また、SPIKEのみでなく、金融機関各方面における販売者さまの与信にも影響を及ぼすことがございます。そのため、販売者さまご自身で不正利用の発生を防ぐ対策をしていただくことを強く推奨いたします。

 

< チャージバックを防ぐためのチェック項目 >

✓ 1注文あたりの金額や個数が極端に多い

✓ 配送業者を指定してくるなど急ぎの要望がある

✓ 購入者の居住地以外で発行された海外カードが利用されている

✓ 配送先の住所が海外である

✓ 同じもしくは類似したカード情報で少額決済が短期間に多数おこなわれた

✓ 異なるカードで同じ配送先に多数注文している

✓ 異なる配送先に同じカードで多数注文している

✓ 決済失敗も含め異なるカードが同じIPアドレスで多数利用されている

✓ 電話番号やメールアドレスが数字や文字の羅列になっており明らかに正しくない

  ※ほとんどのケースで無料のメールアドレスを利用しています。

  ※意味をなさないメールアドレスにはご注意ください。例:asdfg123@xxx.com

✓ 配送先が転送サービスを利用した住所になっている

✓ 同じメールアドレスで異なるカードを利用

✓ 異なるカードもしくは同じカードで決済失敗を繰り返している

✓ 連絡をとった際の文章がおかしい 

  ※不正利用者はテンプレートを使いまわしていることがあります。

  ※文章をWeb検索してみると該当することがあるのでお試しください。

 

< 販売者さまによる対策 > 

✓ 商品登録時に購入者情報のの入力を必須にする

✓ 注文が入ったらまずチェック項目に基き注文内容や購入者情報を確認する

✓ 初回注文や高額注文については商品発送まで12日おく

 

不正利用の疑いがある場合は、まずは購入者にSPIKEメッセージを送ってみましょう。

返信がなかったら、登録先の電話番号やメールアドレスに連絡してみましょう。

不通だった場合は、不正利用の可能性があります。注文をキャンセルしましょう。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk