ログイン

2016年4月7日 REST APIの制限緩和、ドキュメントの更新、細かい改善など

フォローする

概要

  • リリース日時:2016-04-07 01:36:20 JST

機能追加

  •  エラーオブジェクトにcodeプロパティを追加

    • codeにより、マーチャント側で独自のメッセージを表示したり、特定のエラーに対して独自のエラーハンドリングを行えるようになります。
    • エラーコードの一覧は準備中です。
  • ドキュメントに明記されていなかったREST APIのレスポンスを明記しました。
  • REST APIドキュメントにて、型の説明を追加しました。
  • tokenオブジェクトにcurrencyアトリビュートを追加しました。

機能変更

  • REST APIの最低決済金額を100円から1円に変更しました。
    • 100円未満の決済も行えるようになりました。
  • Charge APIの商品単価の値の制限を解除しました。
    • 今までは100円以上を指定する必要がありましたが、1円以上を指定出来るようになりました。
  • REST API関連のドキュメントの表記を全体的に改善しました。
    • REST APIのサンプルコードを改善
    • 曖昧な表記を具体的に変更
  • chargeオブジェクトからcardアトリビュートを削除しました。
  • Stripeの機能変更に関連して、chargeオブジェクトのstatement_descriptionアトリビュートのキーをstatement_descriptorへ変更しました。

 

バグ修正

  • なし

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk