ログイン

SPIKE APIとはなんですか?

フォローする

SPIKE APIとは、RESTを利用してクレジットカード決済を導入することができる決済APIです。

REST APIにおいて、クレジットカード番号をトークン化する手段は2通りあります。1つめは、SPIKE Checkoutを用いる方法と、2つめはToken APIを用いる方法の2種類があります。

 

1. SPIKE Checkout

購入者様が、SPIKEのクレジットカード番号入力ページにクレジットカード番号を入力する形式です。販売者様のWebサイトではクレジットカード番号を取り扱わないため、安全にクレジットカード決済を扱えます。Webサイトに数行のコードを追加するだけで、簡単に導入することができます。

ビジネスプレミアムをご利用の販売者様は、無料でご利用いただくことができます。

 

 

 

なお、SPIKE Checkoutのデモは、フリープランをご利用の販売者様でも無料でお試しいただけます。

  1. SPIKEにログインし、開発ダッシュボードを開き、秘密鍵と公開鍵をコピーしておきます。
  2. SPIKE Checkout demoにアクセスし、コピーした秘密鍵と公開鍵を入力します。
  • 「SANDBOX 秘密鍵」を「Secret key」の欄に入力します。
  • 「SANDBOX 公開鍵」を「Publishable key」の欄に入力します。
  1. 「Go to SPIKE Checkout demo」をクリックします。
  2. 「SPIKE Checkout」をクリックします。
  3. 「Purchase」をクリックします。オーバーレイで表示される画面がSPIKE Checkoutの決済画面です。
  • 「Purchase」は、通常の決済画面です。購入者様も決済時にはログインが必要です。
  • 「Purchase (Guest checkout)」は、ログインが不要な決済画面です。購入者様はSPIKEに登録せずに決済を行うことができます。
  • 「Purchase without amount option」は、決済金額を記載していない決済画面です。

 

2. Token API

購入者様が販売者様のWebサイトでクレジットカード番号を入力する方式です。自社サイトに合わせてカスタマイズした決済画面を構築することができます。販売者様のサーバより、購入者様が入力したクレジットカード番号をパラメータとしてToken APIを呼び出し、クレジットカード番号をトークン化します。

こちらはビジネスプレミアムをご利用の販売者様を対象にご提供しており、有料オプションサービスであるカスタマイズFull APIサービスのお申込が必要です。

 

 

関連ページ

ビジネスプレミアムについて

カスタマイズFull APIサービスとはなんですか?

 

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk